アルミがアルツハイマーの原因説について

アルミがアルツハイマーの原因説について

アルミニウムのことを知らないという人はいらっしゃらないのではないかと思います。このアルミニウムというのは、色々なものに使われていますよね。車や食器、電化製品などにも使われているのですが、実は食品添加物にも微量のアルミニウムが含まれているのです。このアルミニウムと全く無縁の人というのはほとんどいないのではないかと思います。

 

どうしてアルミニウムについてお話しているのかというと、かつてアルミニウムが原因でアルツハイマーになっているのではないかと考えられていたことがあったからです。この説では、アルミニウムを体の中に取り込んでしまうことによって、アルツハイマーになってしまうとされていました。

 

ですが、このアルツハイマーとアルミの関係というのは、まだはっきりと解明されておらず、本当のことなのかわかりません。どうして、このアルミがアルツハイマーの原因だという説が生まれたのでしょうか?

 

現在のところ、アルツハイマーがどのような原因で発症しているのかわかっていません。ただ、普通の人の数十倍のアルミニウムイオンの濃度があるということがわかっています。ですので、本当にアルツハイマーとアルミは全く無関係だとは断言をすることもできないのが実情なのです。

 

このアルミが原因になっているという説は、テレビや新聞などで紹介されたことがきっかけで広まっていきました。1990年代後半頃に、アルミ原因説の発表をいろいろな新聞社が取り上げたことがきっかけになっているのですが、ちゃんと根拠もなく新聞で取り上げるのは無責任だったのではないでしょうか?

 

まだ、アルミ原因説はあくまでも仮説であり、科学的根拠があったわけではありません。それなのに、まるで根拠があるように報道してしまったのは、新聞社に責任があるのではないかと思います。これまでもアルミニウムがアルツハイマー病を引き起こしているという説はありましたが、いずれも科学的な根拠を見つけるには至っていないのです。

 

このアルミというのは、ビール缶や歯磨き粉にも含まれていますし、水道水にも含まれています。このようにアルミというのは色々なものに使われていますから、このようなものが原因でアルツハイマーになってしまうのであれば、ほとんどの人がアルツハイマーを発症していなくてはならないのではないでしょうか?

 

そのため、最近は研究者でも、アルツハイマーとアルミの関係について述べる人はほどんどいません。普通に生活していると、アルミを取り込んでしまうことになりますが、このアルミのせいでアルツハイマーになってしまう可能性というのは殆ど無いと思っていいでしょう。