アルツハイマーの家族の介護をするときの心構え

アルツハイマーの家族の介護をするときの心構え

アルツハイマーになってしまっている場合、最近のことを記憶することができないというケースも有ります。そのため、日にち感覚がなくなってしまいやすいのです。最近のことを記憶することができなくなってしまうのであれば、会話をしても別に適当に返事をしておいても覚えていないだろうと思ってしまう人もいるかもしれません。

 

ですが、きおくにのこらなくても不安などの感情は残さないようにしておくことが大切でしょう。この他にもアルツハイマーになってしまって自分でボケてしまっていることを認識してしまっている人の場合、自分を追い詰めてしまったりするということもあります。

 

自分がどんどんわけが分からなくなってしまっている状態というのは、非常に不安なものです。このような発言は流すようにしてあげましょう。そして、話をするときにはちゃんとお互いの目を見ながら話をするようにすることが大切です。

 

この他にも、ボティータッチをするのであれば、急にボディータッチをするということはいけません。突然体を触られるわけですから、パニックになりかねません。その分介護をするときに、話しかけながらてをもってあげたりしてぼでぃたっちをしてあげるようにしましょう。

 

また、、アルツハイマーになってしまっていると、周りの人に迷惑をかけてしまうかもしれないと思って、なるべく人に合わせないようにするという人もいるかもしれません。また、本人が人と関わらないようにしたいと考えることもあるでしょう。ですが、人とコミュニケーションをすることによって、本人もモチベーションが高くなったり、意欲的になりやすくなるのです。