物忘れに効く薬が登場!忘れっぽい、うっかりが増えた方必見

物忘れに効く薬が登場!

 

「昨日の夕飯、何だったっけ?」に始まり、「あれ」・「それ」などの指示代名詞が増えるということはありませんか?うっかり物忘れは誰にでも起こりうることとは言え、度重なると自分も心配ですし、周囲に思わぬ迷惑をかけてしまっていることもあるものです。また、これに対して「もう年だし…」などと諦めてはいませんか?

 

その「うっかり」や「ド忘れ」、薬で治すことができるかも知れません。それも、病院などにかかることなく、市販薬でOK!誰にも知られることなく、物忘れをケアできる薬とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

物忘れに効く薬が登場【初回特別価格】はこちら

 

物忘れに効く「遠志(おんじ)」とは?

 

 

うっかり物忘れに効果があることがわかったのは、「遠志(おんじ)」という漢方薬の存在でした。

 

遠志の元になるのは、中国東部から朝鮮半島にかけて分布するイトヒメハギという多年草の植物です。毎年5月から7月にかけて鮮やかな紫色の小花を咲かせ、細い葉や茎が特徴的なものとなっています。

 

そのイトヒメハギの根を乾燥させたものが遠志です。古代中国より生薬にお湯をかけて成分を染み出させる、浸剤として飲まれていましたが、現在では顆粒や錠剤として用いられています。遠志には、どのようなパワーが隠されているのでしょうか?

 

どんな効果があるの?

 

遠志は、欧米ではたんを切る薬として用いられていますが、漢方では身体を温め血行を促進する作用があるとして知られています。

 

具体的には、漢方における内臓の生理機能を指す言葉で「心(しん)」という部位に作用するとされ、「心を安らかに落ち着けて知恵を増す」効果・効能があると珍重されてきました。

 

その、効果・効能の高さから、2015年には「中年期以降の物忘れの改善」の有効性が認められた他、加味帰脾湯や人参養栄湯といった様々な漢方薬のベースとして現在も用いられています。

 

中国医学の基を築いた書物である『神農本草経』には、「不老長生の薬」として名を連ねるほどのものだったのですよ。加齢や虚弱体質などで生じた認知機能をアップさせ、物忘れや記憶力の改善にも役立つ心強い漢方薬なのです。

 

摂取目安量は?

 

漢方の本場である中国での一般的な服用量は1日あたり3〜9gとされています。この上限である9gというのは、たん切りに用いる際の目安量とされているようですので、記憶力に作用する目安量は3g程度となっているようです。

 

効果的な飲み方は?

 

食前または食間に水または白湯で飲むようにしましょう。これは、漢方を飲む際に全般的に言えることなのですが、胃に他の食物が入っていないときにこそ、漢方薬はその効果を最大限に発揮します。飲み忘れた際には食後でも構わないのですが、より良い効果を得るためには空腹時が望ましいとされています。

 

副作用はあるの?

 

重篤な副作用は起こり得ないとされていますが、可能性はゼロではありません。まれに、皮膚のかゆみ・赤み・発疹などが現れたり、吐き気や胃の不快感をもよおすことが考えられています。大きく心配する必要はありませんが、このようなことも起こり得ると覚えておいた方が良さそうです。

 

物忘れに効く市販薬一覧

 

薬局やドラッグストアなど、身近な店舗で購入できる遠志をご紹介します。

 

クラシエ オンジエキス顆粒

 

 

漢方に定評のあるクラシエのオンジエキス顆粒には、遠志から抽出されたエキスが含まれ、中年期以降の物忘れに効果を発揮します。1回1包を1日3回飲むようにしましょう。1箱で8日分なので、週1回買い足すのをお忘れなく…!

 

ロート製薬 和漢箋 キオグッド顆粒

 

 

ロート製薬の和漢箋シリーズのキオグッド顆粒にも、遠志が使われています。こちらも同じく遠志から抽出されたエキスが使われており、物忘れが多い・記憶力が落ちたなどのお悩みに効果を発揮します。飲み方も同じく1回1回1包を1日3回。1箱で10日分となっています。

 

遠志(おんじ)含有の物忘れ薬なら「キノウケア」がおすすめ!

 

 

「漢方薬だから、どれも同じでしょ?」と思われた方も多くいらっしゃるかも知れませんが、この、キノウケアは一味違います!

 

通販限定と、手元に届くまでには多少時間がかかるのは否めないものの、その時間を凌駕するほどの効果が期待できるのです。キノウケアが、その名の通り「記憶能力をケア」できる秘密に迫ります。

 

キノウケアをお得に入手【初回特別価格】はこちら

 

生薬が配合されているので効き目がダイレクト!

 

薬局やドラッグストアなどで手に入る製品と、決定的に違う点は、キノウケアは生薬が配合されている漢方薬であるということです。

 

生薬は、植物の有効成分を抽出して、そのまま薬剤として用いているものを指し、それを更に加工して使用するエキスとは製法が異なっています。原材料により近いという点で、より高い効果を実感することができるでしょう。

 

しかし、生薬自体の保存が難しい点や輸入価格が高騰しているなどとして、大手の製薬会社であっても、なかなか手が出せず大量生産が難しいといった欠点もあるのです。この貴重な有効成分が1日分に3gと十分な量が含まれているのです。

 

1箱たっぷり1か月分

 

多くの製品が1箱に数日分であるのに対し、キノウケアはたっぷり30日分となっています。また、通販ならではの定期コースも充実しているので、買い忘れることもなく、長く効果を実感することができるでしょう。

 

お値段も続けるほどにお得な価格設定となっており、まさに良いことづくめ!これなら、買い忘れる心配もなく、安心して飲み続けることができますね。

 

購入前後の手厚いサポート

 

専用のコールセンターが設置されており、専任のスタッフや薬剤師などの専門知識の高いスタッフが購入前からあなたをサポートしてくれます。

 

飲み始めた後も、製品に関することはもちろん、健康に関することなど、不安なことは都度相談できる体制が整っており、お悩みを解決するために親身になって相談に乗ってくれますよ!

 

メーカー直属のコールセンターなので、安心感が違います。これは、近隣の薬局やドラッグストアでは、なかなかそうはいきませんよね…。

 

あなたの気になるうっかり・物忘れに一緒に向き合い、改善に導いていくのは、キノウケアの右に出るものは当分現れそうにありません。