アルツハイマー予防サプリランキング!

アルツハイマーの予防にサプリ!オススメのランキング

年齢を重ねると気になるのがアルツハイマー型認知症です。予防には、次のような成分が有効とされています。

 

・ポリフェノール
・オメガ脂肪酸(DHAやEPAなど)
・プラズマローゲン

 

これらは活性酸素を除去したり、βアミロイドの凝集防止、脳の機能を高める効果がある成分。加齢とともに減っていく成分を補うこと、脳の老化に歯止めをかける成分を摂ることが大切です。当サイトでは、アルツハイマー型認知症の予防に効果的な成分を配合したサプリを厳選してランキング。ご自身の健康を考える方も、ご両親の健康を考える方も参考になさって下さい。

プラズマローゲンの特徴

プラズマローゲンは、リン脂質プラズマローゲンのちからでアルツハイマーを予防します。もともと体内にあるプラズマローゲンは、それ自身が身代わりになり脳の酸化を防止。老廃物を減少させて脳の健康を維持してくれます。また、脳に新しい回路を増やす働きも。DHA・EPAをもつプラズマローゲンを補うと、自己生成をサポートしてくれます。継続的摂取はアルツハイマーや物忘れ対策に効果的です。1日目安2粒に1rの高純度プラズマローゲンを配合したサプリです。

価格 12,150円
評価 評価5
備考 DHA・EPA

 

アルツナインの特徴

アルツナインは、DHAとポリフェノールでアルツハイマーを予防してくれます。吸収力のよいPC-DHAを配合。PC-DHAは健康に大切な質の高い休息もサポートします。またポリフェノールの一種、注目のフェルラ酸を配合。フェルラ酸は脳内のβアミロイドを凝集防止など記憶力低下に効果的な成分です。さらに2つの成分を後押しするガーデンアンゼリカ、代謝と神経機能に大切なチアミンもプラス。1日3粒にPC-DHA300r、フェルラ酸200r、ガーデンアンゼリカ25r、チアミン0.6rを含有したサプリです。

価格 13,800円
評価 評価4
備考 PC-DHA

 

美健知箋EPA&DHAの特徴

美健知箋EPA&DHAは、EPAとDHAで物忘れ防止に効果的です。厚生労働省が推奨するEPAとDAPの摂取量は1日1000rですが、食事だけでは不足しがち。1日1包に750rのEPA&DHAが配合されているので、食事とあわせて摂取推奨量をクリアできます。酸化しやすい成分は、アルミパック包装とビタミンE配合のカプセルで保護。直径3oの極小カプセルで飲みやすいサプリです。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 EPA・DHA

 

アルツハイマーにならないための生活習慣をしよう

 

普段からどのようなことに気をつけることによってアルツハイマーの予防をしていくことができるようになるのでしょうか?アルツハイマーの発症リスクを下げるだけではなく、健康的な生活をしていきたいのであれば、普段から運動を適度に行う必要があると言われています。普段から運動をすることによって体力をつけられるようになります。

 

特にウォーキングをすることによって、血液の循環を良くするだけではなく、脳の代謝を高めることができるようになりますから、ウォーキングを普段からするのがいいと言われています。逆を言えば、歩くことができなくなってしまうと、脳の働きが弱くなってしまい、アルツハイマーなどの発症リスクが高くなると言われています。

 

この他にも、手を使うことも脳の活性化につながり、アルツハイマーの発症リスクを低下させられるようになると言われています。ですので、裁縫や料理、絵を描くなどといったことはアルツハイマー予防にいと言われているのです。動脈硬化になってしまうと、高コレステロールや高血糖、高血圧などの引き起こしやすくなるとされています。

 

ですので、動脈硬化を放置しないようにしたり、動脈硬化にならないように対策をしていくことが大切なのです。なので、健康診断などを定期的に受けるようにして、動脈硬化だと診断されたら、直ぐに対策をするようにしたり、運動をして予防をしていくようにしましょう。このようにすることによって、アルツハイマー予防をしていくことも可能になるのです。

 

また、喫煙やお酒の飲み過ぎはしないようにすることも大切です。これまでの調査によると、3合以上お酒を飲んでいるという人は、アルツハイマーになりやすいといわれています。なので、お酒を飲み過ぎないように自粛をすることが大切なのです。

 

アルツハイマーを血液検査で早期発見する

 

愛知県にある国立長寿医療健康センターなどが主体になって、血液の採取をして、脳にアルツハイマー病の危険因子である物質が集中して溜まっているノアを調べることができる方法を見つけたと2014年に発表しています。これまでは、アミロイドβといわれるタンパク質によってアルツハイマー病が引き起こされてしまうと考えられていました。

 

このアミロイドβというのは、老廃物と言っても過言ではなく、このアミロイドβが溜まってしまうことによって、脳の神経細胞が損傷して死滅してしまい、脳が小さくなって認知症になってしまうと言われていました。アミロイドβが溜まってすぐに認知症の症状が出るというわけではありません。個人差はあるでしょうが、15年位前からアミロイドβが溜まっていっているということが研究でわかっています。

 

研究では、高齢者の脳の中のアミロイドβがどのように蓄積されているのかを調べていたのですが、アミロイドβが溜まっている人は、溜まっていない人と比べると、アミロイド前駆体タンパク質の量が多くなっているということがわかったのです。アミロイド前駆体タンパク質とアミロイドβの含有量がアルツハイマーになっていない人では正反対になっていたのです。

 

つまり血液採取をして、アミロイド前駆体タンパク質とアミロイドβの量を調べることで、アルツハイマーを発症する可能性があるのかを調べることが可能になるとされています。これまではがんの検査をするときに用いられていたPET検査をして、脳の中のアミロイドβの量を調べていました。

 

ただ、このPET検査をすることができる病院というのは限られてしまっていましたし、検査費も高いですから、あまりアルツハイマーの検査として取り入れられていませんでした。早期発見をすることができると言われる検査の中で、最近注目されるようになったのは、バイオマーカーと言われる検査方法です。

 

このバイオマーカーという検査は大腸がんや肝臓がんなどの検査をするときにも用いられています。肝臓の検査をするときに、GPTやGOTなどといった数字が記載されているのですが、これらの数値を見ることによって、肝臓がどのような状態になっているのかを調べることができるようになっています。バイオマーカーによる血液検査をすることで、認知症の予防もしやすくすることができるようになるのではないかとされているのです。

 

アルツハイマー予防をしたいなら食事に気をつけよう

 

まだ完全にアルツハイマー病の原因が特定されているわけではありません。ただ、これまでの研究で少しずつアルツハイマー病について分かってきています。一説によるとアミノ酸ペプチドであるアミロイドβが脳内に増えすぎてしまうことで、その重みで神経細胞が死んでしまって、アルツハイマーになるのではないかとされています。

 

アルツハイマーは60歳を過ぎてから発症するケースが多いのですが、中にはアミロイドβが40代で溜まっていって、若年性アルツハイマー病になってしまうケースも有ります。

 

人によって、何歳くらいからアミロイドβが溜まっていくのか、どれくらいのスピードで蓄積されるのかが違っているため、発症する年齢も違っているのです。この説が正しいのであれば、脳にアミロイドβが溜まらないようにすることができれば、アルツハイマー病の予防をすることができるということになります。

 

脳にアミロイドβが溜まらないようにしてくれる酵素であるインスリン分解酵素と言われるものがあります。一定量のインスリン分解酵素が血液中に存在していれば、脳にアミロイドβが貯まらなくなるのだと言われています。このインスリンというのは、糖尿病と密接な関係があります。

 

糖尿病になってしまっているということは、血糖値が高いということになるのですが、血糖値が高くなっているということは、それだけ多くのインスリンが分泌されることになります。インスリン分解酵素は、インスリンを分解することが目的になっているのですが、そのインスリンが多くなると、インスリン分解酵素もそれだけ多く消費されることになります。

 

これによって、インスリン分解酵素不足になってしまい、アミロイドβを分解することは難しくなってしまい、その結果、アミロイドβが脳に溜まりやすくなります。

 

そのため、糖尿病を発症している人は、発症していない人と比べるとアルツハイマーになるリスクが高いと言われているのです。この血糖値を高くしないようにすることによって、インスリン分解酵素を消費し過ぎないようにすることができるようになるため、アルツハイマー予防をしていきやすくすることも期待できるのです。

 

ココナッツオイルはアルツハイマー予防や改善ができる?

 

アルツハイマー型認知症に、ココナッツオイルは予防が期待できるという研究の発表が行われました。このココナッツオイルでアルツハイマー型認知症に対する予防効果については、主治医が見つかる診療所や世界ふしぎ発見!でも紹介されました。研究によると、ココナッツオイルを摂取して、4時間位経過してからアルツハイマー型認知症が改善されたのだそうです。

 

後天的に脳に障害が出てしまったことで、脳の働きが弱くなってしまい、知能や記憶に弊害が出てしまう症状のことを、認知症といいます。脳を巡っている血管に問題が生じてしまう脳血管性認知症といわれるものもあるのですが、この脳血管性認知症とは異なり、脳の中の神経細胞が死んで脳が萎縮してしまうことが原因になっているのが、アルツハイマー型認知症となっています。

 

ブドウ糖によって神経細胞は活動をしているのですが、細胞にしっかりブドウ糖が供給されなかったり、ブドウ糖を代謝することができなくなり、神経細胞が死んでしまうことで、認知症の症状が出てしまうのです。まだ、確実な治療法は見つかっていないですので、完治させることは非常に難しいです。

 

また、普通の生活を過ごすことができなくなってしまいますので、本人も家族もかなり負担がかかってしまいますし、症状の進行次第では介護もしなくてはならないため、経済的にも痛手になります。そのアルツハイマー型認知症の症状を改善したり予防をしてくれる働きがあるとして注目されるようになったのがココナッツオイルなのです。

 

椰子の実であるココナッツから抽出された油がココナッツオイルなのですが、このココナッツオイルというのは、飽和脂肪酸である中鎖脂肪酸の含有量がとても多いです。この中鎖脂肪酸というのは、吸収率がとても早いだけではなく、そのまま肝臓で分解されるという特徴もあります。

 

肝臓で分解する際にケトン体と言われるものに変化されるのですが、このケトン体はエネルギーとして体の中で活用されることになります。脳にある神経細胞というのは、ブドウ糖であるグルコースをエネルギーとして代謝しているのですが、アルツハイマー病になってしまうと正常にグルコースを代謝することができなくなってしまいます。

 

そして、その結果、栄養不足になって認知症の症状が出てしまうとされているのですが、このグルコースの代わりにケトン体が使われると考えられています。ですので、グルコースを代謝することができないとしても、ケトン体で脳の神経細胞にエネルギーを供給することができるため、アルツハイマー予防や改善効果が期待できると言われているのです。

 

更新履歴